<朝霞第一中学校 アクセス>

希望を胸に未来に向かって前進する学校

朝霞市立朝霞第一中学校 校長 原口 憲充(はらぐち のりみつ)

          
 令和3年度は、第1学年302人、第2学年308人、第3学年292人の計902人、26学級(特別支援学級2学級を含む)でスタートいたしました。これまでの朝霞第一中学校の良き伝統を引き継ぐとともに、私を含め今年の人事異動により着任した教職員の新しい風を入れて、開校75年目の教育活動を展開してまいります。
 また、朝霞市教育委員会からコミュニティ・スクールの指定を受けて3年目となり、「地域とともにある学校」として、学校運営協議会での熟議を学校経営に活かして教育活動の充実に努めてまいります。
 目指す学校像は、「希望を胸に未来に向かって前進する学校」です。本校校歌の1番と2番に、「希望」・「未来」という言葉があります。先達の代から歌われているこの校歌を基につくりました。また、目指す生徒像は「夢を実現する一中生」とし、子ども達には「夢」や「希望」を持ち、失敗を恐れることなく、「勉強」や「運動」そして、「学校生活」に臨んでほしいという思いからこのようにしました。
 子ども達には、学級・学年での活動や学校行事、生徒会活動、部活動など自治的な活動を計画的に設定し、個々の特性や能力、あいさつや協調性など社会生活に必要な資質の育成にも努め、知徳体をバランス良く育成してまいります。
 また、子供たちの健全な成長には、子供たちを取り巻く家庭・地域・学校の連携が不可欠です。学校運営協議会やPTA、町内会・自治会など関係機関等との連携を深めて、生徒の心身ともに健やかな成長に力を注いでまいります。今後とも、本校の教育活動に皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

↑ PAGE TOP